logo
Home

Gfdl ソフトウェア

この記事に対して3件のコメントがあります。コメントは「ã Wikipedia㠮㠩㠤ã gfdl ソフトウェア »ã ³ã ¹ã ¨ã ã ¦CC-BY-SAã ä½¿ç ¨ã ã ã ç ç ±ã ¯ã CC-BY-SAã ¯GFDLã ¨å ç­ ã ®ã è ªç ±ã ã å ã 㠤㠤ã GFDLã ã ã 使ã ã ã ã ã ã」、「WikipediaのライセンスとしてCC-BY-SAを使用したい理由は、CC-BY-SAはGFDLと. そのため、その動作と同様、選択肢からひとつだけ選ぶと、他の選択はオフになる入力ツールを「ラジオボタン」と名づけたのでしょう。 ※いまでも扇風機の風速切り替えボタンなどで見かけることはあります。. 。 はっきりいって、めんどくさい。. About Japanese translation(日本語訳について) 以下は、本ドキュメントの利用許諾告知についての非公式な日本語訳です。 This is an unofficial translation of the License notice of this document into Japanese. しかし、gfdlは次のような社会システムの形成に成功するチャンスを持っているようだ。 すなわち、フリーソフトウェアの商業的なフリー文書を書くため、 商業出版社が人に料金を支払うような社会システムの形成に。. エベン・モグレン氏は、LinuxWorld Conference & ExpoでGPLv3は予定どおりに進んでいると話した。LGPLとGFDLに対する変更についても新バージョンの最初の.

)はgfdlなんですぅと書かなければならない。 勝手にコピペされたり書籍化されても文句は言えない(相手もまたgfdlに従えば)。たった一部であってもその文書全体に適用される。これがgfdlの恐ろしいところ. (訳: 以下はGNU Free Documentation Licenseの非公式な日本語訳です。これは フリーソフトウェア財団 (the Free Software Foundation)によって発表された ものではなく、 GNU gfdl ソフトウェア FDLを適用した文書の頒布条件を法的に有効な形で述べた ものではありません。. 3のGNU自由文書ライセンスを年11月3日にリリースしました。 このFAQはわたしたちが新しいバージョンのこのライセンスをリリースした理由とそれがどのようにFDLv2と関係しているかについ. GNU Free Documentation gfdl ソフトウェア License (GNU フリー文書利用許諾契約書) のこと。GPL がコンピューターソフトウェアを保護するためのライセンスであるのに対し、 GFDL は文書のためのライセンスである。.

gfdlはオープンコンテントなソフトウェアマニュアルやテキスト、その他ボリュームのある参考書の編集をサポートするために開発されたものです。 GFDLでは、そのライセンス下に文書を配布しようとする際に、重たい要件が求められることがあります。. jpデジタル用語辞典 - GFDLの用語解説 - GNUプロジェクトでFree Software Foundation(FSF)から配布されているライセンス形態のひとつ。. その翻訳サイト・ソフトウェアの著作権侵害となる場合が多いようです。日本語として分かりにくい文章も問題です。参考にはなるかもしれませんが、直接の使用は避けてください。 (参考) Wikipedia:翻訳のガイドライン - 機械翻訳 コンテンツを利用したい.

GNU Free Documentation License新版のドラフトが公開 (Slashdot. 自由ソフトウェアが自由な文書を必要とする理由 – GNU プロジェクト – gfdl ソフトウェア フリーソフトウェアファウンデーション. フリーソフトウェア財団(fsf)によりgfdlとしての効力があると承認されているものは、英語の原文によるライセンスのみであり、公式の他言語訳は存在せず、fsfとしても他言語の訳文を承認しない方針を採っている 。. GNUとは、フリーソフトウェア(特に、オープンソースソフトウェア)のみでUNIX風のOSと関連するソフトウェア群を開発・公開するプロジェクト。リチャード・ストールマン(Richard M.

参考: GNU Affero General Public License – Wikipedia. GNU Free Documentation License (グニュー・フリー・ドキュメンテーション・ライセンス)は、GNUプロジェクトの一環としてフリーソフトウェア財団から配布されているコピーレフトなライセンスの一つである。. GNU Free Documentation License。 ソフトウェアの世界で一大勢力を作った GPL の文書版。 WikipediaなどがGFDLで管理されているが、制限が厳しく、かなり利用しづらいライセンス体系である。. GNU Free Documentation License 文書用のコピーレフトライセンス。 内容を三行で この文書を無断で複製してよい。 この文書を無断で改変してよい。 この文書を. Nemesisの日記 曰く ウィキメディア財団の要請を受けて、フリーソフトウェア財団(FSF)がGNU Free Documentation License(GFDL) 1. The GNU Free Documentation License (GNU FDL or simply GFDL) gfdl ソフトウェア is a copyleft license for free documentation, designed by the Free Software Foundation (FSF) for the GNU Project. 0に転換できるようになってしまうので(それはそれでおめでたいような気もするが)、GFDL 1.

org ドキュメントプロジェクト osdn. It is similar to the GNU General Public License, giving readers the rights to copy, redistribute, and modify (except for "invariant sections") a work and requires all copies and derivatives to be available under the same licen. これは自由ソフトウェア財団によって発表されたものではなく、gfdl gfdl ソフトウェア を使った文書の配布条件を法的に有効な形で述べたものではありません。 配布条件としては GFDL の英語版テキストで指定されているもののみが有効です。. gfdl ソフトウェア ウィキメディア財団の要請を受けて、フリーソフトウェア 財団がGNU Free Documentation gfdl ソフトウェア License(GFDL) 1. 01) 「フリー」なドキュメントとは何か? (Slashdot.

Stallman)氏が創始し、同氏が代表を務めるフリーソフトウェア財団(FSF:Free Software Foundation)が推進している。. リリース OOo Open Manual gfdl_100_sxw - OpenOffice. 3のfaq フリーソフトウェアファウンデーションはバージョン1. フリーソフトウェア財団(fsf)によりgfdlとしての効力があると承認されているものは、英語の原文によるライセンスのみであり、公式の他言語訳は存在せず、fsfとしても他言語の訳文を承認しない方針を採っている 。. 副題 索引用キー(Alphabet or かな) 索引用キー(Alphabet or かな). " line with this: with the Invariant Sections being LIST THEIR TITLES, with the Front-Cover Texts being LIST, and with the Back-Cover Texts being LIST.

ただ、これだけだと、GFDLが適用されたコンテンツはWikipediaに限らずどこぞのWikiに転載するだけですべて無条件でCC-BY-SA 3. 3が公開される2日前、すなわち「年11月1日. 16) 多元化する「フリー」 (japan. 3公開元フリーソフトウェア財団リリース日年11月3日(11年前) ()コピーレフトYesウェブサイト.

オープンソースソフトウェアの管理や監査、セキュリティ調査などを手がける米Black Duckによると、オープンソースソフトウェアを採用する企業の多くで、発見された脆弱性を放置したままにしているという問題があるという(Bluck Duckの発表、ITmedia)。. 0 Unportedの違い GFDL 1. gfdl ソフトウェア 0 Unported ライセンスの作成・改訂者: フリーソフトウェア財団.

参考: GNU Free Documentation License – Wikipedia. 将来どうなるかはまだよく わかりませんが、gfdlが商業出版社がフリーソフトウェア向けの商用のフリー なマニュアルを書く人々にお金を払うという社会システムを形成することに成 功する可能性はかなり高いように思われます。. 3をリリースした。ウィキメディア財団はこれに感謝しつつ、コミュニティでライセンスに関する投票を行う事を予告した。 Wikimedia blog:GNU Free Documentation License 1.

A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License". 色の表現範囲を表すのが「色空間(カラースペース)」です。例えば、赤(Red)・緑(Green)・青(Blue)の3原色を混ぜて幅広い色を再現する「RGB」はウェブ. (GNU FDLから転送) ウィキペディアにおけるGFDLについては、Wikipedia:著作権をご覧ください。GNU General Public LicenseGFDLのロゴ1作者フリーソフトウェア財団バージョン1. 現在ご覧になっているのは「Wikipedia‐ノート:メディアファイルのライセンス」から話題を分割したページです。 アクティブな話題一覧については上記「Wikipedia‐ノート:メディアファイルのライセンス」をご覧ください。. Texts.

jp) Debian、GNU Free Documentation Licenseについて決議 (japan. あっかんb > > ドイツ語訳とフランス語訳がすでにあるのですが、そちらのほうは > > ライセンス以外の部分まで訳してある. ※ Car Radio of Analog Era - GFDLの条件で複製.

(訳: 以下はGNU Free Documentation Licenseの非公式な日本語訳です。これはフリーソフトウェア財団 (the Free Software Foundation)によって発表されたものではなく、GNU FDLを適用した文書の頒布条件を法的に有効な形で述べたものではありません。. If you have Invariant Sections, Front-Cover Texts and Back-Cover Texts, replace the "with.